コラーゲンの摂取方法

「 コラーゲン 」は、乾燥を予防したり、しわやたるみを防いだりと美容に良いのは有名な話ですが、関節の軟骨を強化し、関節炎の予防や改善、骨粗しょう症の予防などの効果があることもわかっています。40歳ごろになると、体内のコラーゲンは一気に減少するので、目に見えて肌の老化がわかったり、関節痛を感じたり・・と明らかに今までの自分ではなくなってくるのです。個人差があるので、一概に何歳から対策をとるのがいいとは言えませんが、若くても、「 あれっ?最近の自分なんか違うな・・ 」と感じ始めたら、コラーゲンを積極的に摂ることを心がけましょう。コラーゲンは、食材からでも摂取できます。鶏皮、鶏軟骨、牛すじ、フカヒレ、うなぎ・・豊富に含まれている食材はたくさんあります。しかし、コラーゲンは、摂取したものがすべてしわやたるみ、関節に使われるわけではないので、一日の推奨摂取量である5,000mg以上摂ることを目標にがんばりましょう。また、食材からコラーゲンを摂取する場合、同時に脂肪をとりすぎてしまう。・・といったデメリットもあります。食事からの摂取はほどほどにしておいて、サプリメントや座リー、ドリンクなどの健康食品を利用して、コラーゲン摂取を補うと、無駄なものは摂取することはないのでお勧めです。健康食品なら、ビタミンCや、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸などのコラーゲンをもっと有効的に合成を促すものが配合されているものが多いので、美容を目的とする方は、ぜひサプリメントなどを活用してみてください。

最近はテレビCMなどでも乳酸菌関連のCMもよく見かけるようになりましたね。 (詳しくは・・・【乳酸菌サプリメントのソムリエ】乳酸菌の種類・効果・効能まるわかり

コラーゲンの摂取タイミング

コラーゲンは、たんぱくし質の一種なので、鶏の軟骨や、手羽元、うなぎの蒲焼、牛すじ肉、豚ホルモンなどに豊富に含まれています。コラーゲンを美容目的に摂取する場合に、食材から必要な分が摂取できればいいのですが、それだけ摂取することは、同時に体にとってわるい脂肪分も摂ってしまうことになります。美容には良くても、健康には悪い・・。こんな二者択一の美容方法はおススメできません。健康的で美容にもよい、コラーゲンの摂取方法というのは、サプリメントなどを利用して、むだがなく、必要な分だけのコラーゲンを摂取することです。おススメするコラーゲン商品は、明治製菓の「 アミコラ 」です。ドリンクタイプなので、サッと一日に必要な分のコラーゲンを摂取することができると口コミ評価の高い商品です。また、コラーゲンを肌までしっかり届かせるためには、摂取するタイミングも重要です。美肌を作るための体の時間は、寝ている間です。具体的には22時から深夜2時が肌の修復時間といわれているので、この時間に消化、吸収されていることがのぞましいことと、コラーゲンは吸収、分解・・と、胃が活発に働いている食後が良いとされているので、これらを踏まえると、夜ご飯を食べてからコラーゲンを摂取することが一番効果があると思います。
また、コラーゲンと一緒にビタミンcを摂ることで、コラーゲンの生成が促進されるので、同時に摂取するといいでしょう。

コラーゲンとビタミンE

美肌に良いとされるコラーゲンは、摂取することによって、肌にツヤやハリがでて、若々しくいられる効果があります。コラーゲンは人間の体にとってなくてはならない栄養素である「 たんぱく質の一種 」で、体を構成するすべてのたんぱく質の約30%に値します。実は、皮膚に存在するだけでなく、体内コラーゲンの約40%は血管や内臓など全身に広く分布しています。それ以外の40%は皮膚に存在し、20%は骨や軟骨に存在していて、人間の皮膚や骨、軟骨が作られるには、なくてはならないものなのです。しかし、残念ながら30代を過ぎると、コラーゲンは一気に減少していきます。不足している分を自分から積極的に摂取しなければ見た目も体の中もどんどん老けていってしまいます。幸いコラーゲンは私たちの生活の中から気軽に摂る事ができます。食材から多く摂取できるものは、鶏肉やフカヒレ、牛すじ肉、うなぎなどがあげられますが、これらを積極的に摂ることで、同時に余分な脂肪まで摂ってしまい、セルライトができやすくなったり、健康的にもあまりよくないかもしれません。食事からも摂りつつ、サプリメントや健康食品などで必要な量を摂る事が良いでしょう。そこで、気になるコラーゲンの推奨摂取量ですが、一日あたり、5,000mgから10,000mgを摂ることを目安にします。食品100g中に含まれるコラーゲンを見ると、牛すじ肉約5,000mg、豚こま肉約1,200mg、鶏軟骨約4,000mg、鶏手羽元2,000mg、しらす干し2,000mg、さんま(皮あり)1,800mgです。40代にもなると、見た目年齢にもかなり差が出ています。コラーゲンなど、美容によいものを体に摂りいれ、いつまでも若々しくいたいですよね。

40代からのコラーゲン

40代、50代でもシワがなく、つやつやしたお肌の方がいますが、それは、お肌の真皮に存在し、肌の弾力や保水力の素となるコラーゲンが満たされているからです。人の多くは、40代になると急激にコラーゲンが減少するので、肌にシワガできたり、弾力がなくなったりして、老化を感じはじめます。しかし、コラーゲンを積極的に摂取することでそれを食い止めることが期待できます。人が一日に摂取しておきたい推奨量はおよそ5,000mgといわれています。コラーゲンは食事からの摂取もできますが、5,000mgを毎日毎日意識して献立を考えることはとても難しいことだと思います。毎日摂り入れなければ減少していくだけのコラーゲンの摂取を" 続けること " が大切なのです。しかしコラーゲンが毎日気軽に摂取できるサプリメント、ドリンクなどを利用すれば、一日の摂取量である5、000mgを摂るのは簡単なことです。コストのことも考えて、週のうちの3日を献立から摂取し、残り4日は健康食品から摂り入れるのも良いでしょう。また、コラーゲンの効果をUPさせるのに優秀なのが、「 ビタミンE 」です。ビタミンEは、血行促進したり、新陳代謝を活性化させるので、冷え性に効果的だといわれているほか、お肌に良いとされる抗酸化作用や老化防止作用もあります。抗酸化作用というのは、体を酸化させないということ。錆びない体=いつまでも若々しい体 を持続させるために必要不可欠です。コラーゲンと一緒に摂れば、コラーゲンを失いにくい肌にしてくれる効果があると期待できます。

にきびやにきび跡が目立つ・・・という女性向け⇒ http://www.ニキビケアおすすめランキング.biz

更新履歴