コラーゲンが美肌に与える力

女性にとって、美容とダイエットは半永久的な課題です。いつまでも若々しくキレイな体でありたいというのは誰でも願うことです。しかし、ある程度年齢が進んでくると、美容とダイエットの両方をかなえようとするのがとても難しくなってきます。代謝が落ち、太りやすくやせにくくなってくる30代ころには、一気に絶食して短期間で減量しようとするダイエットを行うと、一気にしわができたりハリがなくなって、やつれて老け込んでしまいます。これでは、キレイとは言えません。美容というものは実は思っているよりも複雑で簡単にいかないものなのです。そして、一時的に行うのではなく、継続して続けることが、大事です。私たちの体の中の健康や美肌は日々の食生活が大きく影響を与えます。鶏の手羽元や軟骨はハリやツヤを与え美肌に良いとされるコラーゲンが豊富に含まれていますが、私の知り合いで鶏の手羽元のに煮物や軟骨のから揚げが大好きで、良く自分で好んで食べていたのを知っていますが、その方は肌がとってもぷるぷぷしていて自慢できるくらい健康的な肌でした。女性のコラーゲンの一日の推奨摂取量は5,000mgから10,000mgですが、手羽元なら5本分食べることに値しますので、知り合いは、それ以上は摂取していたのでしょう。しかしいくら美肌に良くても肉ばかり食べていると、太るイメージがありますが、食べ方に気をつけていれば太ることはありません。炭水化物を抑えることで、コラーゲンを摂りつつ、脂肪分は蓄積されません。また、鍋やスープなどで温かいものにして摂ることによって体が温まり、満腹中枢にきくので食べすぎ防止にも役立ちます。また、コラーゲンがギュッと詰まったドリンクやサプリメントなども市販で売っているので、少量で推奨量を摂取することができるのでおススメです。

コラーゲンは、たんぱく質

お肌のハリやつやを保ち、若々しくしてくれる「 コラーゲン 」ですが、フカヒレや鶏手羽元などの肉や魚に多く含まれていています。それもそのはず。コラーゲンは、たんぱく質であり、多数のアミノ酸が結合してできている物質なのです。そして、たんぱく質を合成するアミノ酸は20種類あり、そのなかでも体内で合成できないため、食べ物などからの摂取が必要とされているものが10種類あり、これを「 必須アミノ酸 」と呼ばれています。単純にコラーゲンを摂るよりは、多数のアミノ酸、たんぱく質と一緒に摂ることでコラーゲンは活躍するのです。コラーゲンは、鶏軟骨、うなぎ、フカヒレ、牛すじ肉などの食材に豊富に含まれていますが、コラーゲンは、40代ごろから急激に減少してその後は減っていくばかりなので、毎日継続して摂取することが必須です。。。しかし、これらの食材を意識しながら、毎日の献立を考えることはとても難しいこと。そうするよりは、サプリメントなどの簡単に摂取できるものを活用して、気楽に美容を行える方がいいと思います。コラーゲンの一日の推奨摂取量は5,000mgといわれていますが、これを鮭の切り身に置き換えると、5枚は食べなければいけません。。にこれを粉状に加工されたサプリメントで摂取することを考えると、サッと飲み物や食事に混ぜるだけでいいので、簡単で、この先もずっと続けられやすいと思います。